現場の取り組み

ICT施工の取り組み

卒古沢北地区道路改良工事では、国土交通省が推進している『i-construction』ICT施工に取り組み、生産性向上に努めています。

UAV(ドローン)による事前3次元計測(起工測量)

ドローンを活用し、ドローンによる空中写真測量(起工測量)や写真・動画撮影を実施。3次元点群データやオルソモザイク写真(正射投影写真)などを取得しデータを利活用して事前調査の業務効率化をしました。

 

UAV写真測量による3次元計測したデータにより、現場照査、概算土量の把握、3Dモデル合成により完成イメージや施工イメージの共有が可能となり、施工計画検討等従来に比べて大幅に業務効率化につながりました。


3次元設計データ作成

3次元設計データを作成し、ICT建機(マシンコントロールバックホウ)に取り込み施工します。
3次元設計データを作成することで、3次元土量計算も可能になり効率化につながります。またICT施工することで、従来現場での丁張設置測量等が不要になり、安全性も向上するなど大きなメリットがあります。

 

ICT建機(マシンコントロール)による施工

MC(マシンコントロール)バックホウに3次元設計データを取り込み、建機のローカライゼーション(GNSS等により基準点と整合性を調整)することで、3次元設計データ通りに高精度な掘削作業が可能になり従来の丁張が必要なくなり省力化、安全性の向上にもつながります。

 

3Dデータの活用

事前調査で取得した3次元点群に加え3次元設計データおよび3Dモデルを利活用して「現場のみえる化」にも取り組んでいます。このデータはVRにも活用でき、工事関係者および地域の皆様にもわかりやすい完成イメージ等をお届けできるよう取り組んでいきます。

3Dデータの活用イメージ(函渠工イメージ)

完成3Dイメージ

VR活用・取り組み

施工イメージ・完成イメージをVR活用し、現場を可視化。安全面の効果もあり、関係者間で共有できます。