現場の取組

ICT施工の取組

当工事 では、青森県が推進している『i-construction』ICT施工に取り組んでおり、生産性向上や業務効率化に努めています。



ドローンの活用(UAVによる空中写真測量)

ドローンを活用し、空中写真測量(地形測量・起工測量)や写真・動画撮影を実施。3次元点群データやオルソモザイク写真(正射投影写真)などを取得。データを利活用して事前調査の業務効率化を行っています。


UAV(ドローン)による3次元起工測量~3次元設計データ作成

ドローンによる3次元起工測量で得たオルソモザイク(正射投影)写真をCAD平面図で活用


起工測量で得た地形データをもとに、3次元設計データの作成を行い、ICT建機にて使用するほか、現場の施工管理でも活用しています。



ドローン等による写真測量により面的高密度な3次元点群データを取得。設計図書より3次元設計データを作成し様々な活用が可能になります。

ドローン測量により取得できた3次元点群データイメージ



ICT建機による施工(マシンコントロール)

MC(マシンコントロール)バックホウに3次元設計データを取り込み、建機のローカライゼーション(GNSS等により基準点と整合性を調整)することで、3次元設計データ通りに高精度な掘削作業が可能になり従来の丁張が必要なくなり省力化、安全性の向上にもつながります。


3次元データの活用・施工計画

3次元データを活用して、施工検討・施工計画のみえる化にも努めています。事前に3Dで検討することにより手戻りの防止や安全作業にも繋がっています。


安全教育(現場のみえる化)

現場従事者の安全教育にて、空撮動画、平面重ね図、施工イメージ・完成イメージの活用を行っています。


過積載防止対策

当現場で使用するバックホウは過積載防止対策のシステムを装備しています。

運搬ダンプのICT運行管理

当現場では、ダンプの運行管理においてもICT活用に取り込んでおります。ダンプの運行状況を現場事務所のパソコンはもちろん、持ち出しのタブレット及びスマートフォンでも確認・管理が可能です。

VRの活用

現場で得た3次元データ等を活用し、安全教育の一環でVR体験を実施しました。施工シミュレーションや完成イメージの共有、重機の死角体験等、VRならではの没入感にて体験し安全作業に繋げています。


VR体験の様子


スマホによる土量計測サービス 「Solution Linkage Survey」の活用

当現場での活用方法としては掘削~残土運搬に際し、積込のBHに土砂の供給をしながら作業するわけですが、その供給量が足りているか、または現在堆積ストックしている土量で何日もつのか、等を確認、管理するのに使用しています。


女性による安全衛生パトロール

 建設業では、現場の労働災害や事故の未然防止のために安全衛生パトロールが定期的に行われています。
今回は女性社員による安全パトロールを行いました。担当した女性社員は普段事務所にて勤務しているので、現場に出ることはあまりありません。そのため、普段現場にいる慣れた現場職員では見落としがちなことや、女性目線で細かなことに気付くことができます。第三者目線で細かくチェックすることで、現場の安全や職場環境の更なる改善そして意識改革に繋がることを期待しています。


事業主よる安全衛生パトロール

 社内安全衛生(事業主)パトロールを実施し、現場の危険性や有害性がないか早期発見したり、また設備や使用機械などの保安状況を確認しています。


ジョブカフェあおもり主催のWEB見学会

 青森技術専門学校の生徒さんに対して当工事工事概要や事業の説明、そしてICT施工の関連技術や、業界関連メーカーが目指す今後の建設業のビジョン等を説明させていただきました。